職員の紹介

2018年の抱負

2018年、今年もよろしくお願いいたします。

職員それぞれの今年の抱負(テーマ)を、漢字1文字で表してみました。
↓文字をクリックすると選んだ理由と誰の抱負かが表示されます。

 

 2018年 開設から5年目となる年。これまでを「省」みて、さらに「深」めることや、新たに「生」み育てていくこと、「福」祉の充実と真の社会参加の実現に向け、情報提供施設としての役割に「忠」を尽くし、安堵の「笑」顔を望み、聴覚障害者への「適」格な支援を行います。

ひと言コメント Ver.2018年11月

中村 稔

参事、ろうあ者相談員を担当しています。災害時の避難方法、安全対策等の説明を継続し、高齢者訪問、巡回相談等の対応できるように頑張りたい。またお客さんの笑顔、気軽に来館してもらえるような おもてなし頑張りたいと思います。

清田 大輔

映像制作・字幕制作に関すること、ICT活用に関すること、写真コンテストなど担当してます。皆さんに分かりやすく情報が届ける工夫と写真等参加型の企画を通して、より利用しやすいセンターになれるよう頑張ります。

太田 富雄

聴こえの相談を担当しています。相談しやすい環境づくりやわかりやすい専門情報の提供に努めます。

香田 佳子

手話関係事業、聴覚障害者社会参加事業を担当しています。2023年に開催される佐賀国体・全スポにおける人材育成も視野に入れ、手話通訳のできる支援者の育成、またその指導ができる講師を増員できるように頑張っていきます。

堤 千賀

要約筆記を担当して5年目を迎えました。講座の運営を充実させ、多くの要約筆記者を養成していきたいと思います。

佐々木 晃子

経理事務を担当して約3年になります。当センターで最初に応対するかと思います。来館される方が、気軽に足を運べるセンターであるよう、笑顔でお迎えしたいと思います。

村岡 淳子

聴こえの相談を担当しています。丁寧で分かりやすい説明を心掛けたいと思います。聴こえのことでお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

森永 ひかる

聴こえの相談・コミュニケーション事業を担当しています。聴こえによる生活に関わるお悩みを解決に向けて一緒に考えていきます(^-^)

富田 芳郎次

佐賀県で2023年に開催されます国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会の情報支援者(手話)養成事業を担当します。大会成功はもちろん、その後の聴覚障害者福祉の向上に繋がるような養成をしたいと思います。

 

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ

(C)佐賀県聴覚障害者サポートセンター. All Rights reserved.